MENU

文字サイズ

  • A
  • A

0982-52-0011

  • 地域連携室
  • 採用情報
ごあいさつ・基本理念

ごあいさつ

昭和24年は貧困の時代であり医療事情も未熟でした。当然当地も同じでした。当時の住民の皆様からの要望に発奮した初代理事長が医院から急性疾患を24時間対応で地域医療を始めました。これが私どもの病院の原点です。
当初はほとんど急性期疾患の対応に明け暮れ、時代の疾病の変化の事情によって、救急、手術と皆様に育てられました。
昭和27年に県の支援もあって開業まもなく医療法人病院となっています。
さらに良い医療の発展を目指して、昭和62年に現在の向江町に増床し移転しました。
急性期・慢性期の医療、癌、生活習慣病の早期発見の為の検査事業も行っております。
また病気回復後、以前の生活が継続できる自宅復帰をしていただく為に介護老人保健施設も併設し、更に救急・急性医療を支援する為に3次医療機関との連携もスムーズに行える機能を有し、療養病棟、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟も開設しています。“標準をしっかり守る医療・福祉”をモットーとして、地域の医療・保健・福祉の機関と連携をとりながら、24時間365日の対応ができるように心がけています。
今後も病院機能評価の認定水準を維持するとともに、患者さまが安心して治療を受けられるよりよい病院を目指して、職員一丸となり日々取り組んでまいります。

理事長
和田 徹也

基本理念

和田病院基本理念

和田病院の目標

私たちは基本理念を達成するため次の目標を掲げて実行します。

  • 患者さまを主体にした公正な医療を行います。
  • 患者さまの安全に努めます。
  • より良い医療が提供できるよう質の向上に努めます。
  • 患者さまとの医療情報の共有を目指します。
  • 地域の保健・医療・福祉と連携し、与えられた役割を果たします。
  • 患者さまに「十分な説明」と「医療の選択」の同意を得、意思を尊重します。
  • 納得する治療を受けていただくため、意欲のある、活き活きとした快適な職場をつくります。
  • 個々のライフサイクルにあった、働きやすい職場環境の充実に向けて取り組みます。

患者さまの権利について

和田病院は、基本理念により患者さまを主体とした、満足される医療を心に留め、患者さまの権利を最大限に尊重するように努めます。

  • 誰でも、安全で良質な医療を、公平に受ける権利があります。
  • 診療の内容等について、十分な情報と説明を受ける権利があります。理解した後、同意又は拒否する権利があります。また、他の医療を選択することもできます。
    別の医師の意見(セカンドオピニオン)を受ける権利があります。
  • 診療記録に記載された内容について当院の規定に沿って情報の提供を受けることができます。
  • 診療内容等、患者さま個人に関する情報が守られます。
  • 患者さまの人権と尊厳は、医療のあらゆる場面において守られます。

TOP