MENU

文字サイズ

  • A
  • A

0982-52-0011

  • 地域連携室
  • 採用情報
病棟のご案内

病棟のご案内

一般病棟(30床)

当院は救急告示病院として、24時間365日救急の対応を行っております。一般病棟は、主に脳神経外科、外科、内科の急性期疾患の治療を目的とした病棟です。緊急に治療を要する患者さん、手術前後の管理や検査が必要な患者さん、脳卒中・肺炎・感染症・消化器疾患など集中的な治療が必要な時期(急性期)の患者さんを受け入れております。看護体制は二交代制勤務の患者さん10名に看護師1名の看護を提供し、集中的な病気の治療やケアと並行して、早期に社会復帰を目指すため、多職種間(医師・看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士・管理栄養士・歯科衛生士・地域連携担当者)で行われるカンファレンスを通じ、治療計画に沿って入院生活を支援しています。早期からリハビリテーションを行い、病状の回復、早期社会復帰を目指しています。退院が困難な方については、病状安定後、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟で治療、リハビリテーションを継続して支援していきます。

地域包括ケア病棟(20床)

一般病棟において急性期の治療を経過した患者さんに対して、リハビリテーションや退院支援など効率的かつ密度の高い医療を提供するための病棟です。急性期治療を終了し経過観察やリハビリが必要となった方や自宅での療養に準備が必要な方などを対象としています。多職種(医師・看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士・管理栄養士・歯科衛生士・地域連携担当者)が連携し、安心して自立した生活が送れるよう退院に向けて支援いたします。専門的なリハビリはもとより、病棟内でのレクリエーションや指導など日常生活でのリハビリにも積極的に取り組んでいます。

対象となる患者さん

  • 自宅への療養準備・環境整備に一定の時間が必要な方
  • 福祉施設(有料老人ホームや特別養護老人ホームなど)へ入所準備中の方
  • 在宅で療養中の方で、一時的に入院が必要な方
  • 入院治療により症状は安定しているが、もう少し経過観察やリハビリテーションが必要な方
  • 短期滞在手術の対象となる方

入院期間は60日間を上限としていますが、在宅復帰の準備が整い次第上限期間より早く退院をいただけるようになっています。

回復期リハビリテーション病棟(42床)

脳血管疾患や脊髄損傷、大腿骨骨折などを発症され、急性期治療を経た後に在宅生活復帰、社会生活復帰を目指し集中的にリハビリテーションを行っていく病棟です。

当院回復期リハビリテーション病棟の特徴

  • 専門職によるチーム(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士等)により各職の専門知識を生かして患者さんのリハビリ計画を立て在宅復帰、社会復帰に向けて質の高いサービスを提供いたします。
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による専門的リハビリテーションの時間では365日体制で各療法士がマンツーマンで患者様のリハビリテーションを2〜3時間行います。また、ご自宅の環境の確認を行い、自宅生活を想定した訓練の導入を行っています。住宅改修が必要な場合には再度ご自宅に訪問し在宅関係スタッフや改修業者と連携し住宅改修のお手伝いを行います。
  • 当院回復期リハビリテーション病棟は一般病棟と併設されているため、万が一患者さんの病態が変化した場合でも速やかな対応が可能です。

対象疾患

※ディスプレイを左右にスクロールして情報を閲覧下さい。

疫病 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは股関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

療養病棟(40床)

当病棟は急性期治療を終えた慢性期の状態にあって、退院困難で療養継続の必要な方のリハビリテーションや療養を担当する病棟です。
在宅や施設への退院を目指し、患者さん一人一人にあった退院後の生活、療養、介護が行っていけるようにご家族と一緒に定期的なカンファレンスや情報交換を行いつつ退院支援を行っています。
昨日より今日、今日より明日、症状の改善に向け頑張っておられる患者様に対し「褥瘡予防」「肺炎」「緩和ケア」「退院支援」の4つのチーム編成にてスタッフ全員でお手伝い出来るよう頑張っています。

TOP